中古住宅にはないメリット|アクセスはもちろん様々な面で快適な注文住宅を建てる方法
部屋

アクセスはもちろん様々な面で快適な注文住宅を建てる方法

中古住宅にはないメリット

ウーマン

新しい家のメリット

日本では新しい物が好まれる傾向があって、家についても新築の住居を望む人がかなり多いのです。新築と中古住宅の違いは古さで、人が以前に住んでいたことがあるかないかという事です。また設備についても数年も経てば日本では新製品に成り代わるので古いものは使い勝手が悪いと感じる事もあります、新築の家なら人が住んだ形跡などはありませんからどこも綺麗で真っ新な家に住む事が出来ますし、設備もその時の最新の製品が付いていますから不満を感じる事は少ないでしょう。大阪で新築の家を購入するのはそんな理由が多くを占めると言われます。新築の家は既に建っている分譲住宅を購入する方法もありますが、大阪で土地を購入してから注文住宅を建てることも出来ます。

税金の優遇制度も

大阪で新築の家を購入する時のメリットは新しさや設備だけではありません。新築住宅には中古にない税制上のメリットがあります。新築一戸建ては固定資産税が優遇されます。これは中古住宅にはないもので、購入して3年間は建物の固定資産税が半額になります。不動産取得税にも軽減措置があって、固定資産評価額から1200万円が控除されます。このように税金については新築住宅のほうが有利になります。但し土地部分についてはどちらも同じ条件です。税制を有利にするのは新築住宅は中古よりも価格が高いので購入を促す目的があると考えられます。大阪で家を購入する時には土地建物の購入価格は元より、税金がいくらになるのかなども考慮してから決めるのがお勧めです。